ファッショナブルな大人の町

ベルギーの都市の中でも「スタイリッシュでファッショナブル」な町として知られるアントワープ。アート、建築、食、ファッション、デザインなどにおいて旅人を魅了する欧州の「クール・キャピタル」を、アムステルダム、ウィーン、バレンシア、チューリッヒと共に宣言して以降、さらに注目度が高まっています。

数百年もの昔からアントワープにはクリエイティブな気風がありました。16、17世紀にはルーベンスやヴァン・ダイクといった巨匠を生み、20、21世紀には、モード界の第一線で活躍する6人のデザイナー「アントワープ・シックス」のようなクリエイターを輩出しています。

アントワープは、文化的・歴史的スポットにあふれ、洗練されたレストラン、バー、クラブがひしめき、ショッピングの楽しみにも事欠きません。建築の宝庫でもあり、中世の歴史的建造物からアールヌーヴォー様式の建物、現代を代表する建築家リチャード・ロジャース設計によるアントワープ裁判所まで、さまざまな美しい建物を見ることができます。また、アントワープは世界のダイヤモンド取引の中心地。ここでは旅人を迎えるあらゆるものが、ダイヤモンドのように煌めいています。
Map of Flanders displaying the city of Antwerp

観光案内所

Grote Markt 13, 2000 Antwerp 電話: +32 3 232 01 03

ぜひ体験したい5つのこと

  1. Fashion Museum MoMu
    絶対に見逃せないのがファッションの殿堂モードナシーにあるモード博物館(MoMu)です。ここで衣装、靴、アクセサリー、レースなど、ファッションの数百年にわたる歴史を知り、現代のデザイナーたちのコレクションを楽しんだら、早速ショッピングに繰り出しましょう。
  2. Rubenshuis
    バロック絵画の巨匠ルーベンス(1577〜1640)が、1610 年から没するまで住んだ住居兼アトリエ「ルーベンスの家」を訪れましょう。当時のままに再現された部屋、弟子たちとともに制作に励んだアトリエ、彼の作品や彼の集めた絵画、当時の面影が残る庭などがあり、その創作活動の様子や当時の生活スタイルを知ることができます。
  3. MAS Museum
    アントワープの複合ミュージアムMASは必見です。その近代的な建築物の中で、アントワープの歴史、世界的な位置づけなどを理解し、また、ここから、アントワープ全体を俯瞰する眺めを楽しむことができます。
  4. Central Station icon
    列車でアントワープ中央駅に着いたら、その駅をじっくり鑑賞することを忘れずに。19世紀末から20世紀にかけて造られた、ネオバロック様式の素晴らしい建物です。かつての一等客待合室が、当時の雰囲気を残すカフェになっているので、時間があればひと休みを。
  5. Cathedral of Our Lady icon
    聖母大聖堂は、16世紀に完成したフランダース地方最大のゴシック建築。白を基調とした明るく高い天井やステンドグラスに包まれた内部が印象的。児童小説「フランダースの犬」の主人公の少年ネロが憧れた「キリストの降架」をはじめ、ルーベンスの傑作が飾られています。
Back to top