Galleries Saint-Hubert Brussels © Emily Warren
ブリュッセルではショッピングにたっぷり時間を費やしたいもの。そのときは、石畳の道を歩くのにふさわしい靴をはくのを忘れずに。

ブリュッセルでショッピング

ベルギーは国際的なファッションとデザインの最先端にある国。その首都ブリュッセルが買い物フリークにとって天国であることは言うまでもありません。山の手にも下町にも、ショッピングストリートやギャルリと呼ばれるショッピング・アーケードがたくさんあります。もしプライスダウンの品がお目当てなら「セール」を意味する「soldes」または「solden」の文字を探しましょう。セールは1年に2回、1月と7月にあります。

ブリュッセルで今いちばんファッショナブルな地区といえば、下町にあるダンサール通りとその周辺です。アヴァンギャルドなデザイナーが集まり、お洒落なブティックが次々と生まれているエリアで、ブリュッセルのファッションとデザインの発信地になっています。

いわゆる山の手エリアのルイーズ通りやワーテルロー通りは有名ブランドの店が立ち並ぶ洗練されたショッピングエリア。シャネル、ルイ=ヴィトン、エルメス、アルマーニ、ヴェルサーチ、ディオールといったインターナショナルな高級店が集まっています。デパートのイノヴァション(通称イノ)もこのエリアにあります。イノの周りには一流店はもちろん、手頃な価格の店も集まっています。

お買い得品を探したいなら、町の中心にあるヌーヴ通りへ。ロジェ広場から王立モネ劇場あたりまで延びる全長600mの通りで、若者向けの店が集まっています。ブリュッセルのショッピングエリアの中で最も活気溢れるエリアの1つです。

グランプラスの近くには、1847年に造られた欧州最古のアーケードのひとつ、ギャルリ・サンチュベールがあります。ガラス張りの屋根で覆われた華麗なアーケードには、高級ブティック、カフェ、劇場などが軒を連ねていています。チョコレートのノイハウスやアンティークショップなど、贅沢な雰囲気の店が目白押し。ボードレールやヴェルレーヌが通ったカフェも残っています。

アンティーク好きなら、アンティークショップやアンティークセンターが集まっているサブロン地区に足を運びましょう。格安商品がお目当てなら、週末にグラン・サブロン広場で開かれるアンティークマーケットがおすすめです。また、マロル地区にあるジュ・ド・バル広場では毎日蚤の市が開かれ、こちらも人気。アンティークショッピングでは値段交渉も楽しみの1つです。周辺にはカフェがたくさんあるので、歩き疲れたら気に入った店でひと休みを。
Back to top