ジンに酔いしれ、中世にタイムトリップ

ブリュッセルの東約80km、車で約1時間のハッセルト(Hasselt)は、中世はリエージュ司教領に属していましたが、現在はオランダとの国境 を接するリンブルグ州の州都です。中世には、ジンの元祖ともいえる蒸留酒「ジュネヴァー」の産地として繁栄しました。今でも毎年10月第3週末に「ジュネ ヴァー・フェスティバル」が行われます。また、ファッションの町として知られる商業都市でもあります。環状道路に囲まれた中が旧市街で、見どころがここに 集中しています。その中心にあるグロートマルクト(広場)周辺が繁華街で、高級ブランドのブティックが並び、いつも多くの人で賑わっています。ちょっと郊 外へ足を延ばして、日本庭園や州立ボクレイク公園を訪ねれば、ゆったりしたひとときを味わえます。また、シナモン風味のフランダースの伝統菓子スペキュロ スもハッセルトならではの味があり、どこのパン屋でもお菓子屋にも置いてあります。

観光案内所

Lombaardstraat 3, 3500 Hasselt

観光スポット

  1. Genever museum Hasselt icon

    国立ジュネヴァー博物館 Nationaal Jenevermuseum:ベルギーでは500年以上も前から飲まれていたジュネヴァーですが、ハッセルトは17世紀以降、主要な産地として栄えまし た。19世紀の蒸溜所を博物館とし、製造過程などを展示しています。130種以上のジュネヴァーを用意した試飲室やガイドツアーもあります。

  2. Saint-Quintinus Cathedral Hasselt icon
    聖クウィンティヌス聖堂St.-Quintinus Kathedraal:マルクトにある堂々としたゴシック様式の教会。基部は11世紀、塔は13世紀、尖塔部分は18世紀に造られ、内部はリエージュ司教 領時代からの装飾、絵画で飾られています。カリヨン・タワーと呼ばれる塔に上れば、街のパノラマも楽しめ、カリヨンについても学べます。
  3. Fashion Hasselt icon
    モード・ミュージアムStedelijk Modemuseum:繊維産業が隆盛した15世紀から、現在、そして未来のファッションに関する展示を行っています。1988年にオープンしました。
  4. Japanese Garden Hasselt icon
    日本庭園Japanse Tuin:ハッセルトと日本の伊丹市が姉妹都市であることから、ヨーロッパ最大2.5hの日本庭園が1992年に誕生しました。茶室もあります。2012年は開業20周年を記念してイベントが開催されます。市の中心から東へ約3km。
  5. Open-air museum Bokrijk icon
    州立ボクレイク公園Bokrijk Park:植物園のほか、1850年のフランダース地方の農村を再現した野外博物館があります。市の北東5km。
Back to top