Summer in Flanders

この夏、何をしたいですか? 王さまになった気分でオステンドの散歩道やビーチを歩いてみませんか? クノックの高級ショップで女王さまのように扱われてみませんか? 絵のように美しいフランダース地方を自転車で走りぬけ、ピクニックを楽しみませんか? ゲント、アントワープ、ブリュッセルで、心躍るライブ・ミュージックに浸ったり、フランダースの巨匠たちの芸術作品に感動してみませんか?涼しい夕方、街のあちこちに現れるポップアップ・バーで、ベルギービールを楽しみながら一日を終えてみるのもよいかも!

北海沿岸

フランダース地方の北海沿岸は、まだあまり知られていない地方の一つです。 東西に延々と続く美しい砂浜は 子どもたちをビーチで遊ばせながら、爽やかなビールを楽しめる絶好の環境です。オステンドのような素敵な都市を訪れたり、クノックでショッピングをしたり、浜辺で散歩を楽しんだり、砂丘をさまよったりしてみてはいかがでしょう。そしてまた、文化の宝庫であることもお忘れなく。海岸線沿いでは数多くの現代アートを見ることができます。その一部はオステンドのクリスタル・シップThe Crystal Ship)・ストリート・アート・フェスティバルや、ボーフォールBeaufort)・アート・トリエンナーレ(3年に一度開催される芸術祭)の一環であり、沿岸全域に展示されています。どちらのフェスティバルもベルギーの沿岸地方に素晴らしい足跡を残しています。または、もう少し探求して、コクセイドという町にあるポール・デルヴォー美術館Paul Delvaux Museum )を訪ねてみてはいかがでしょう。この著名なシュールリアリズムの芸術家の私生活の様子や作品の数々が展示されています。

Oostende Beach and sulpture

アートのホームグラウンド

アートと言えば、ヨーロッパの現代美術名鑑とも言うべき、アントワープ現代美術館(M HKA)は絶対見逃せません 。ヤン・ファーブル(Jan Fabre)、リュック・タイマンス(Luc Thuymans)、パナマレンコ(Panamarenko)、その他多くの現代アートの巨匠たちの作品をここで見ることができます。もし古典派の方がお好みでしたら、ルーベンスの家、あるいは、ブリュッセルゲントの美術館をお薦めします。

M HKA - Panamarenko Universum Antwerpen - Photo Cheetah Flicks (cc)https.creativecommons.orglicensesby-nc-nd2.0

都市宮殿と煌(きら)めく芸術の数々

フランダースは数々のアートの発祥の地。それらが見られるのは美術館だけではありません。他にも、豊かな文化遺産があちこちで見られます。例えば、6月17日にオープン予定の、メッヘレンのブスレイデン邸博物館Hof van Busleyden Museum)。この壮麗な都市宮殿で、オーストリア・ハプスブルクのマルガレータ王妃、トマス・モア、エラスムスなどが活躍したメッヘレンの輝かしい時代について、多くのことを学ぶことができます。また、5月にオープンしたばかりのダイヤモンド博物館(DIVA)。ダイヤモンドの都と言われるアントワープに、新たに誕生したこの博物館には、輝くダイヤモンドの職人技と歴史が集約されています。

DIVA, Antwerp Home of Diamonds - ©DIVA - Photo Sven Coubergs (copyright always obligatory)

夏の音楽を楽しもう

ライブ・ミュージックなしの夏なんてありえない? 300以上のフェスティバルとコンサートが開催されるフランダースなら必ずあなたの好みの音楽が見つかります。トゥモローランド(Tomorrowland)は、世界中から数百人ものDJを集めてEDMのビート旋風を巻き起こします。世界で最も大物のロックバンドが集結するのは、ロック・ウェルフター(Rock Werchter)の4日間。もっとヘビーなのが好みの方は、グラスポップ・メタル・ミーティング(Graspop Metal Meeting)。アントワープの緑豊かな美しい郊外で開催されるジャズ・ミデルハイム(Jazz Middelheim)は、ジャズファンにも入門者も一緒に楽しめます。ブリュッセルのクーラー・カフェ(Couleur Café)では、ブラスバンドからクラフト・ワークショップ、エキゾチックなレストランまでなんでもござれ。文化の多様性が味わえるゲント・フェスティバル(Ghent Festivities)も見逃せません。昼夜10日間にわたり繰り広げられます。百聞は一見にしかず!

Tomorrowland Belgium 2017

…ゆったりと座って、飲み物を片手にリラックスした時間を

夏はいろいろなイベントが満載ですが、たまにはゆっくり過ごしたくなるかも。冷たく美味しい飲み物を手にリラックスするのがベストかもしれません。1500種類のベルギービールがあなたを待っています。9月初めにブリュッセルで開かれるベルジャン・ビール・ウィークエンド(Belgian Beer Weekend)や、その少し後に開催されるビールとホップのフェスティバル(Beer and Hop Festival)などでは、信じられないほどバラエティ豊かなビールが味わえます。または毎年、あちこちに出現する賑やかなサマー・バーを訪れてはいかがでしょう。川や運河に面したバーが人気です。7月のゲントではパッカフィー(Parkkaffee)、ハッセルトでは4月から8月までオープンの抜群にクールなバウーザ(Baouzza)、アントワープでは7月から8月にかけてスカイバー・アントワープ(Skybar Antwerp)の屋上ラウンジ、そして、コルトレイクでは7月にバー・アモルセ(Bar Amorse)がまさに夏独特の雰囲気を感じさせてくれます。

Women enjoying a beer ©VisitMechelen - photo Layla Aerts (copyright always obligatory)
Back to top