Banner
この夏、何をしたいですか? 王さまになった気分でオステンドの散歩道やビーチを歩いてみませんか? クノックの高級ショップで女王さまのように扱われてみませんか? 絵のように美しいフランダース地方を自転車で走りぬけ、ピクニックを楽しみませんか? ゲント、アントワープ、ブリュッセルで、心躍るライブ・ミュージックに浸ったり、フランダースの巨匠たちの芸術作品に感動してみませんか?涼しい夕方、街のあちこちに現れるポップアップ・バーで、ベルギービールを楽しみながら一日を終えてみるのもよいかも!

フランダースの海岸で、砂浜があなたを待っています、

Th coastline - (c)Toerisme Wenduine-DeHaan - Westtoer
フランダースには、60キロ余りの自然な砂浜があります。あなたが日の光を浴びてリラックスしている間、子供たちには、自由に走り回り、泳ぎ、凧揚げをし、砂の城を作らせてあげてください。元気があり余っていたら、ウィンドサーフィンをしたり、水際に沿って歩いたり、砂丘をさまよってみてもいいかもしれません。カフェ、文化的なもの、クノックの高級店を楽しんだり、オステンドの国王や王妃が訪れたロイヤル・ギャラリーを歩いてみてはいかがでしょう。ともあれ、まずはロック・ストレンジャーにある奇妙なアート・オブジェの美しさを堪能しましょう。そのあと、海辺の町や村を探訪して、それぞれの個性を見つけ出してみてください。

ちょっと自転車を走らせれば、そこは素晴らしい田園

The origin of the bike

かわいらしい町や村が見つかるのは、海辺だけではありません。魅力的な家々が並ぶ美しい村や親切なコミュニティーが、フランダース中にちらばっています。それらを発見するには、自転車が最適。たくさんのサイクリングコースが、そんな町や村に通じています。便利な通し番号と標識のついたコースを自由に走れば、とても楽しい気分に。丘陵や森林や中世の城をめぐりたい方向けに、こうしたハイライトに直行できる専用ルートもあります。

自分で自転車に乗るより、自転車レースを観戦したいという方には、スカール・セルス(Schaal Sels)のオフロード・クラシックや、ドゥワルス・ドール・ハーゲランド(Dwars door Hageland)でトップ選手のレース観戦がおすすめです。アールスト(Aalst)やローズラーレ(Roeselare)では、毎年ツール・ド・フランスが終了した後、クローズ・サーキット・レースが開催され、町は興奮の嵐に包まれます!

芸術の都

Where art is home - (c)Stad Antwerpen
もし旅行中に天気が悪かったら? 心配ご無用です。雨宿りにもぴったりの美術館に入れば、素晴らしい文化や芸術がより取り見取り、あなたを魅了してくれます。おすすめは、アントワープの現代美術館。ヨーロッパ屈指の現代アーティストの作品が展示されています。ヤン・ファーブルリュック・タイマンスパナマレンコなどの斬新な作品をじっくり鑑賞してみてください。もちろん、フランダースの巨匠にも会えます。ブリュッセルゲントの美術館、ヤン・ファン・エイクやピーテル・ブリューゲルなどの優れた芸術家の作品が豊富に揃っています。ルーベンスの家も必見です。アントワープにあったピーテル・パウル・ルーベンスの自宅兼アトリエの中にある、彼の作品や生活の様子が見られる貴重なミュージアムなのですから。

夏の音楽を楽しもう

Flanders is a Festival - (c)Rock Werchter
ライブ・ミュージックなしの夏なんてありえない? 300以上のフェスティバルとコンサートが開催されるフランダースなら必ずあなたの好みの音楽が見つかります。トゥモローランド(Tomorrowland)は、世界中から数百人ものDJを集めてEDMのビート旋風を巻き起こします。世界で最も大物のロックバンドが集結するのは、ロック・ウェルフター(Rock Werchter)の4日間。もっとヘビーなのが好みの方は、グラスポップ・メタル・ミーティング(Graspop Metal Meeting)。アントワープの緑豊かな美しい郊外で開催されるジャズ・ミデルハイム(Jazz Middelheim)は、ジャズファンにも入門者も一緒に楽しめます。ブリュッセルのクーラー・カフェ(Couleur Café)では、ブラスバンドからクラフト・ワークショップ、エキゾチックなレストランまでなんでもござれ。文化の多様性が味わえるゲント・フェスティバル(Ghent Festivities)も見逃せません。昼夜10日間にわたり繰り広げられます。百聞は一見にしかず!

…ゆったりと座って、飲み物を片手にリラックスした時間を

Biertje d'rbij - (c) Barrio Cantina
夏はいろいろなイベントが満載ですが、たまにはゆっくり過ごしたくなるかも。冷たく美味しい飲み物を手にリラックスするのがベストかもしれません。1500種類のベルギービールがあなたを待っています。9月初めにブリュッセルで開かれるベルジャン・ビール・ウィークエンド(Belgian Beer Weekend)や、その少し後に開催されるビールとホップのフェスティバル(Beer and Hop Festival)などでは、信じられないほどバラエティ豊かなビールが味わえます。または毎年、あちこちに出現する賑やかなサマー・バーを訪れてはいかがでしょう。川や運河に面したバーが人気です。7月のゲントではパッカフィー(Parkkaffee)、ハッセルトでは4月から8月までオープンの抜群にクールなバウーザ(Baouzza)、アントワープでは7月から8月にかけてスカイバー・アントワープ(Skybar Antwerp)の屋上ラウンジ、そして、コルトレイクでは7月にバー・アモルセ(Bar Amorse)がまさに夏独特の雰囲気を感じさせてくれます。
Back to top