Jan Van Eyck Statue in Bruges - Photo El-Moe © https://creativecommons.org/licenses/by-nc-sa/2.0/

ヤン・ファン・エイク(1390年マーゼイク生まれ、1441年7月9日ブルージュ没)は、15世紀初頭、ネーデルランド地方で起こった絵画革命において中心的役割を果たした人物です。ロヒール・ファン・デル・ウェイデンとともに、初期フランドル派の代表的画家とされています。ファン・エイクは細部にこだわる写実的な肖像画で知られ、フランダースでは初めて、自らの作品の多くに署名した画家でした。緻密な観察力、まるで実物のような表現手法、際立った色使いや油絵技術によって、ファン・エイクは絵画の芸術性を一段と高めました。最も著名な作品は、ゲントの聖バーフ大聖堂にある祭壇画「神秘の子羊」です。

ファン・エイクは、この祭壇画によってゲントの画家と思われています。聖バーフ大聖堂は、フランドル伯の城と並ぶ、ゲントの主要な観光ポイントです。もし、ゲントの祭壇画の修復に興味があれば、祭壇画の修復風景が見学できるゲント市美術館も必見です。ヤン・ファン・エイクはまた、ブルージュとも深い縁があります。彼はブルージュにアトリエを持ち、生涯のほとんどをそこで暮らしたからです。ファン・エイクの作品を見るなら、グルーニング美術館も重要です。そこではまた、多様なベルギーの絵画史を鑑賞することができ、初期フランドル派の世界的なコレクションがあります。街を散策して、ヤン・ファン・エイク広場で彼の銅像の写真を撮ることをお忘れなく。

Back to top