Portrait of Margareta van Eyck, Musea Brugge(c)www.lukasweb.be - Art in Flanders vzw photo Hugo Maertens, http://www.lukasweb.be/en/photo/portrait-of-margareta-van-eyck-2
ヤン・ファン・エイクは、15世紀初頭の絵画革命期における重要な人物でした。このフランダースの巨匠は、油絵の先駆者の一人です。代表作「神秘の子羊」は、ゲントの聖バーフ大聖堂のために作られたものです。絵画としての輝かしい質や詳細であることと同時に、世界でもっとも多くの窃盗に遭ってきたという意味でも美術史上永遠に残るものです。作品の歴史は、あたかも探偵小説のようで、ファン・エイクへの興味を掻き立てます。ファン・エイクが生き、愛し、創作活動をしたフランダースの地で、いろいろ発見してください。3つの傑作は、ファン・エイクの並外れた才能の証拠と言えるでしょう。

The Ghent Altarpiece ゲントの祭壇画

The Ghent Altarpiece (open) Sint-Baafskathedraal Gent (c)www.lukasweb.be - Art in Flanders vzw photo Hugo Maertens, http://www.lukasweb.be/en/photo/the-ghent-altarpiece-open-152

1432年、この珍しい祭壇画は、ファン・エイク兄弟によって描かれました。初期フランドル派の最高傑作とされ、美術史上に燦然と輝いています。修復が終わった順に、ゲント聖バーフ大聖堂内の、もとあった場所に展示されています。1934年に盗まれたパネルの一つ「正しき裁き人」(The Just Judges)は、複製されて展示されています。

Collection: Saint Bavo's Cathedral, Ghent
Copyrights: Saint Bavo's Cathedral, Ghent ©www.Lukasweb.be - Art in Flanders VZW, photo Hugo Maertens

The Virgin and Child 聖母子

The Virgin and Child with Canon Joris Van der Paele Museum Brugge-Groeningemuseum (c)www.lukasweb.be -Art in Flanders vzw photo Hugo Maertens, http://www.lukasweb.be/en/photo/the-virgin-and-child-with-canon-joris-van-der-paele-9

ファン・デル・パーレの聖母子はヤン・ファン・エイクの代表作の一つ。今もオリジナルの額縁に収まっており、そこには画家本人の署名の他、いくつかの言葉が刻まれています。

Collection: Groeningemuseum
Copyrights: Groeningemuseum ©www.Lukasweb.be - Art in Flanders VZW, photo Hugo Maertens

Portrait of Margareta van Eyck マルガレーテ・ファン・エイクの肖像

Portrait of Margareta van Eyck, Musea Brugge(c) www.lukasweb.be - Art in Flanders vzw photo Hugo Maertens, http://www.lukasweb.be/en/photo/portrait-of-margareta-van-eyck-2

オリジナルの額縁に刻まれた言葉から、肖像画の女性がファン・エイクの妻、マルガレーテ・ファン・エイクであることがわかります。身体と頭の比率が異なることから目に留まる作品となっています。

Collection: Groeningemuseum
Copyrights: Musea Brugge ©www.Lukasweb.be - Art in Flanders VZW, photo Hugo Maertens

Back to top