Groenplaats with statue of Rubens

ピーテル・パウル・ルーベンス(Siegen/Westphalia 生まれ、1577年6月28日~1640年5月30日)は、フランダースの著名なバロック画家です。1577年、Siegen(今日のドイツ内)で生まれ、父を亡くした後、すぐに母とアントワープに移り住みました。ここで、トビアス・ヴェルハークト(Tobias Verhaecht)、アダム・ファン・ノールト(Adam van Noort)、オットー・ファン・フェーン(Otto van Veen)らから絵画を学びました。

Self Portrait (c)Rubens House Antwerp

1600年、ルーベンスはイタリア、スペインに向かい、そこで、王侯貴族から寵愛を受けるという特別な才能を発揮しました。1608年、ネーデルランド地方の公認宮廷画家という身分と共にアントワープに戻りました。ワッパー広場(Wapper Square)の工房は、多くの弟子やスタッフが出入りする芸術活動の拠点となり、どこで数百の絵画や芸術作品が創作されました。

ルーベンスは、肖像画から宗教画や歴史絵画の連作といった大作まで、実に幅広いジャンルで才覚を表しました。当時の芸術家としては他に類をみない社会的な地位を得て活躍し、今日、西洋美術史上、もっとも重要な画家の一人と見なされています。1640年、アントワープのワッパー広場の自宅で亡くなりました。

Back to top