Self Portrait (c)Rubens House Antwerp

世界中でアントワープほど、ルーベンスの足跡を感じさせてくれる街はありません。彼は人生のほとんどをここで暮らし、芸術活動を営んだのです。ここで芸術家として修行し、喜びや悲しみを家族と分かち合い、ネーデルランド地方の外交官の役割を果たし、世界中から貴族や要人を迎えました。それと同時に、彼は描き続け、その時代の最も優れた画家として賞賛されました。

アントワープにいると、ルーベンスの存在を今でもあちこちで感じることができます。グルーンプラーツでは彼の銅像が出迎え、さまざまな美術館や教会で50以上の作品を見ることができます。その多くを、ルーベンスが作品を作ったオリジナルの背景と共に鑑賞することができるのです。自宅、アトリエ、お墓のすべてがアントワープにあります。アントワープといえば、ルーベンスとさえ言われる所以です。

Back to top