Raising of the cross (c) Onze-Lieve-Vrouwekathedraal Antwerpen www.lukasweb.be art in Flanders vzw photo Hugo Maertens, http://www.lukasweb.be/en/photo/raising-of-the-cross

ピーテル・パウル・ルーベンスは、最も偉大な画家の一人です。彼が残した数々の作品は、フランダース、そして彼の故郷アントワープの誇りであり歓びです。ピーテル・パウル・ルーベンスは、聖母大聖堂に、アントワープ王立美術館に、ルーベンスの家に…あらゆるところに今も息づいています。特に、以下の3つの作品は、彼の秀でた才能の証拠と言えるでしょう。

ルーベンスの自画像

Self Portrait (c)Rubens House Antwerp

ルーベンスはたった4枚しか自画像を描いていません。彼は自身を、画家としてではなく、自覚と気品のある紳士として描きました。ルーベンスの家にある自画像(おそらく1630年頃のもの)は、弟子たちが模倣するための練習台として描かれたものと考えられています。 

Collection: Rubenshuis
Copyright: ©Rubenshuis

キリストの降架

The Descent from the Cross (c)KMSKA www.lukasweb.be -Art in Flanders vzw photo Hugo Maertens, http://www.lukasweb.be/en/photo/descent-from-the-cross-0

この3枚綴りの傑作は、1794年パリに運ばれ、ミュゼ・セントラル(今日のルーヴル)の呼び物とされていました。1815年にアントワープに返還され、翌年、聖母大聖堂内の定位置、つまり「キリストの昇架」と対になる場所に戻されたのでした

Collection: Cathedral of Our Lady, Antwerp
Copyright: Cathedral of Our Lady, Antwerp ©www.Lukasweb.be - Art in Flanders VZW, photo Hugo Maertens

凍えるヴィーナス

Venus Frigida (c)KMSKA www.lukasweb.be -Art in Flanders vzw photo Hugo Maertens, http://www.lukasweb.be/en/photo/venus-frigida

ルーベンスの「凍えるヴィーナス」は、日付と署名の入った珍しい作品のひとつです。17世紀、裸婦がモデルとなるといった例がなく、ルーベンスは、古代やルネッサンスの裸婦像をモデルとして描いたのでした。よく見ると、裸婦の背骨に沿っての震えが伝わってくるような臨場感があります。

Collection: KMSKA
Copyrights: Koninklijk Museum voor Schone Kunsten Antwerpen ©www.Lukasweb.be - Art in Flanders VZW, photo Hugo Maertens

私は古い刷毛をもって、神にインスピレーションを乞うただの人間でしかない。
Back to top