Beaufort 2009 © Westtoer

フランダース地方には、バラエティに富み、非常に奥深い中小の博物館やアートセンター、ワークショップ、ギャラリー、フェスティバル、雑誌などがたくさんあります。その多くは、世界的に評判が高く、芸術家や美術の研究分野において、非常に重要なものとされています。

フランダース地方の現代美術は、近年とても重視されています

 Ghent 2012 - Work by Mark Manders in the Voortman House © Hans Kerrinckx

ベルギー国内外で活動し、発表する優れたアーティストを何人も輩出している地域もあります。しかし、フランダースの芸術は、フランダースの土地柄と同じくらい多様で多岐にわたっています。また、 アーティスト、さまざまな組織、教育機関が一体となったダイナミズムがあるために、外国のアーティストたちもフランダースに引き寄せられ、短期あるいは長期にわたって活動しています。これらもまた、フランダース芸術の活力源となっているのです。

ここフランダース地方は、ラテンとゲルマンの二つの文化の交差点であり、イギリス、ドイツ、フランスの間に位置し、欧州の中心ともいえるのです。

ミデルヘイム屋外博物館(Middelheim Museum)

Open Air Museum for Sculptures Middelheim, Antwerp - ©Antwerpen Toerisme & Congres

フランダース地方、アントワープの中心部にあるミデルヘイム屋外博物館は、極めてユニークです。屋外博物館という珍しい設定で、100年以上にわたる視覚芸術をお楽しみいただけます。現在改修中ですが、この夏には再開される予定です。

Back to top