Rodenbach ©www.milo-profi.be

いくつか異なる酵母菌を用いり、異なる発酵方法を組み合わせたりして造られるビールもあります。通常、上面発酵ビールを基に、その一部を1年半以上オーク樽で熟成します。乳酸が関与して発酵が進み、最後に若い上面発酵ビールと混ぜ合わせます。

Versnijbier (6 - 8 vol.%)

Vicaris Versnijbier ©Brouwerij Dilewyns

Versnijbierまたはブレンドビールは、熟成の進んだビールと若いビールをブレンドしたり、自然発酵ビールを、上面あるいは下面発酵ビールと混ぜたりして造られます。 例:ぺトラス・エイジド・ペール(Petrus Aged Pale)、キュベ・ワトー(Cuvée Watou)、ヴィカルダン・トリプル・グーズ(Vicardin Tripel Geuze)など。 いわゆる「アウド・ブラン」(oud bruin)は、そのもっとも伝統的なタイプです。

フランダースのブラウンビール (4,5 - 8 vol.%)

Adriaan Bruin ©Brouwerij Roman

フランダースのブラウンビールは、アウデナールド(Oudenaarde)という地方に因んだビールです。乳酸菌が強く関わっており、かすかな甘みも感じられます。木樽または金属製のタンクで熟成させた「古い」ビールと「若い」ビールを混ぜ合わせて造られます。

フランダースのレッドビール

Rodenbach ©www.milo-profi.be

フランダースのレッド・ブラウンビール(5 - 6.5 vol.%) は、西フランダース州南部特有のもので、赤みがかった大麦麦芽を用いて造られます。木樽で熟成された「古い」ビールを若ビールに混ぜます。苦みは控えめですが、スパイスが効いており、爽やかで、かすかに柑橘系の独特の味わいがあります。 例:ローデンバッハ(Rodenbach)、デュシェス・ドゥ・ブルゴーニュ(Duchesse de Bourgogne)、ヴァンデル・ギンステ・アウド・ブラン(Vander Ghinste Oud Bruin)など。

アウド・ブラン/フランダースのサワーエール

Oud Bruin ©Omer Vander Ghinste

「アウド・ブラン」あるいは「フランダースのサワーエール」はフランダース地方のブラウンビールとレッド・ブラウンビールの総称です。

Back to top