Bottem Fermented Beer -  banner

一般に、もっとも普及しているビールは、下面発酵ビール(またはピルスナー)と呼ばれるものです。「下面発酵」という名称は、発酵が始まって数日たつと、麦汁の底の方に沈んで活動するタイプの酵母を用いることに由来し、発酵温度は5℃~10℃と低めです。下面発酵ビールは、安定性が高く、一定の似かよった味わいを持っています。

ピルス

Stella Artois
"ピルス(4.5~5.5vol.%) は、透明な金色で、軽い苦みが特徴。チェコ共和国のピルゼンで、19世紀に始めてこのタイプのビールが造られたことから、ピルセン、あるいは、ピルスナーとも呼ばれます。ラガービールと比べると、ピルスは、よりホップが効いていて、切れ味が良く、苦みも強めです。下面発酵ビールのほとんどがこのタイプのビールです。ホッピーで、アルコール度は低めなので、喉の渇きを潤すのに最適です。このタイプは、瓶入りより樽生を、冷たく冷やして楽しむのがベルギー人好みです。
フランダースでは、冷たいグラス入りピルスは、「ピーンチュ!」と頼みます。
"
Back to top