Raf Simons

ラフ・シモンズ(Raf Simons)は、フランダースのファッションデザイナーで、1968年1月12日に生まれました。工業デザインと家具デザインを専攻して卒業した後、ギャラリーや個人向けインテリアの家具デザイナーとして働き始めました。しかし、急に考えを変えて、独学で紳士服デザイナーになりました。

彼のコレクションは、間接的にではありますが、若者文化の影響を強く受けています。彼のスタイルは、「悩める若者」や「ボヘミアンのような放埓な生活」と描写されるように、しばしば直線的なカットの多いクラシカルな紳士服を、シャープなシルエットと組み合わせます。「ラフ・シモンズ」(1995年設立)と「ラフ・バイ・ラフ・シモンズ」(2005年設立)は、ニューヨークのバーニーズ、セブンを始め、日本にある2つの旗艦店の他、世界中の様々な場所で売られています。

2005年夏に、プラダグループ傘下のジル・サンダーのクリエイティブ・ディレクターに指名され、2008年にはフレッド・ペリーとのコラボレーションの一環として、ポロシャツやニットウェアの12のコレクションも始めました。

2012年4月に、クリスチャン・ディオールは、ジョン・ガリアーノに代わり、ラフ・ソモンズを採用すると発表。2月にジル・サンダーのクリエイティブ・ディレクターのポストを離任したラフ・シモンズは、7月のオートクチュールウィーク期間中、ディオールのための初めてのコレクションを発表し、「アーティスティック・デザイナー」という公式な肩書を持つようになりました。

www.rafsimons.com


Back to top