Belgian Chocolate Gallerie 1900 Neuhaus

ベルギーチョコレートの歴史とデータなど

歴史

Belgian Chocolate 17th Century



17世紀

ベルギーにおけるチョコレート・ビジネスの草分けは、1635年、ゲントのボーデロ修道院の院長によるチョコレートの購入ではないかとされています。当時は、ほとんどの場合、薬剤師が、飲み物にして売っていたと考えられています。

Belgian Chocolate Chocolats Meyers


19世紀

1840年、ベルワールツ(Berwaerts)というメーカー が、初めて、成型して、板状、一口サイズ、動物や人形型のチョコレートなどを発売しました。 その後、ノイハウス  (Neuhaus、1857年創業)、 コートドール  (Côte d’Or、1883年創業)、 ジャック  (Jacques、1896年創業)、そしてカレボー  (Callebaut、1911年創業)などが、次々と創業し、発展していきました。

Belgian Chocolate 20th Century - World Expo '58 Brussels

20世紀: ベルギーの発明の世紀

ベルギーチョコレートの歴史において、4つの重要な発明がありました。それは、プラリネとバロタン、チョコレートペースト、液状チョコレートによる輸送です。

1912年、ジャン・ノイハウスJr.が、プラリネ、つまり、柔らかな詰め物入りのチョコレートを作り上げました。
1915年、ジャン・ノイハウスJr.の妻ルイーズ・アゴスティーニが、バロタン(プラリネを入れるための専用の紙箱)を考案しました。
1925年、シャルル・カレボーが、チョコレートを液状で輸送するという、極めて重要な発明をしました。
1935年、レオニダス創業者の姪である、バジル・ケステキデスが、ホワイトチョコレートでコーティングした「マノン」という名のプラリネを考えました。
1936年、ジャックが、初めてプラリネ入りのチョコレート・バー(少し厚みのある棒状のチョコレート)を発売しました。

チョコレートペーストも、ベルギーの発明:1952年には、コートドールが商品化。同社は1958年のブリュッセル万博にも出展し、ベルギーのチョコレートを世界中に知らしめたのです。

Belgian Salon du Chocolat: tasting of chocolate - ©Eric Danhier


21世紀

フランダースとブリュッセルのチョコレートの品質の高さは、世界中から絶賛されています

フランダースとブリュッセルのベルギーチョコレート販売業者は、そのクリエイティビティやイノベーションを称賛されています

情報とデータ

Facts & figures about Belgian Chocolate
Back to top