Belgian Chocolate - Laurent Gerbaud - VisitFlanders

ベルギーチョコレートは、かつては、勝者の食べ物とされ、恋の駆け引きに使われ、富裕層だけに手の届く贅沢品でしたが、今では、誰もが楽しめるものとなりました。それは、ただ買うだけではなく、さまざまな楽しみ方があります。

何がベルギーチョコレートをそれ程特別にしているのでしょうか?

Belgian Chocolate - Chocolatier Mertens - VisitFlanders

ベルギーチョコレートをユニークにしている10つの理由とは

  1. 繊細な作り:ベルギーチョコレートは、原料カカオを15~18ミクロンと極めて細かく粉砕して造られます。
  2. 高いカカオ含有量:ベルギーチョコレートは、他国の製品と比べ、より高いカカオ含有量を誇っています。
  3. カカオバターだけを使用:ベルギーでは、チョコレート作りに用いられる油脂はカカオバターのみ。
  4. 厳選されたカカオ豆:最高品質のカカオ豆しか使用しないのが、ベルギーのチョコレートメーカーの伝統です。 
  5. ベルギーチョコレート業界の多様性:カレボー(Callebaut)やベルコラーデ(Belcolade)のような大手カカオマス業者から、ゴディバ(Godiva)やレオニダス(Leonidas)のように、知名度の高い中規模メーカー、そして多くのチョコレート職人たちが、ベルギーチョコレートの名声を広めています。
  6. 創造力豊かなチョコレート職人たち:伝統的なプラリネから、外国産の食材を用いた変わった趣向のものまで、これほど、味わい深く、バラエティに富んだ、斬新な製品を生み出し続けている国は、ベルギーを置いて他に見当たりません。この国のチョコレート職人たちは、チョコレートのデザインにおいても、流行の作り手となっているのです。
  7. チョコレートのマルチ体験:単に買うだけでなく、チョコレート博物館に行ってみたり、テースティング・コースを散策をして、たくさんの職人の情熱のこもったチョコレートを味見して歩いたり、自分自身でチョコレートを作ってみたり、一味違う、さまざまな体験が可能です。
  8. チョコレート業界規約成立( 2007年):「ベルギーチョコレート」と呼べるのは、ベルギーで作られたものだけです。
  9. ベルギーチョコレート業界が誇る輸出量:材料用および一般消費者用として、ベルギー国内で製造されるチョコレートの60%が輸出されています。
  10. 世界最大のチョコレート工場はベルギーに:ウィゼ(Wieze)というところにある、カレボー(Callebaut)では、年間27万トンのカカオ豆から原料チョコレート(主にカカオマス)を製造し、文字通り世界一の規模となっています。ウィゼには、世界最古のチョコレートアカデミーのひとつがあり、今では、再建されて、世界最大となっています。
Back to top