Paling In’t Groen ©Michael Dehaspe

オランダ語で「パーリン・イン・ヘット・グルン」と呼ばれるこの一品は、世界に知られるフランダースの伝統料理です。

レシピ

Paling In’t Groen ©Michael Dehaspe

スヘルデ川でウナギ漁をする漁師の数だけレシピがあると言われています。伝統的には、パセリ、ミント、ほうれん草、スイバ、水クレソンなど、川岸で見つけることの出来るあらゆるフレッシュハーブをいれます。多くの通は、ソースこそがこの料理を特別なものにしていると言います。

緑の葉のハーブ・チャービル、スイバが主な材料で、鮮やかな緑色と強い香りとフレッシュさを保持するために、調理の最後に加えるのがポイントです。ウナギは肉厚な白身で、濃厚な味わいが特徴です。

食材

  • ウナギ  1 kg
  • フィッシュストック 
  • バターまたはマーガリン  50 g
  • 小麦粉  30 g
  • スイバ  250 g
  • パセリとチャービル数本
  • ミント
  • レモンの絞り汁
  • 塩、こしょう

作り方

  • ウナギを処理して洗い、5〜6cmに切る
  • ウナギを、フィッシュストックで10分程度、形を崩さないようにゆでる
  • ハーブを洗い、細かく刻む
  • バターまたはマーガリン、小麦粉、フィッシュストックでホワイトソースをつくる
  • 刻んだハーブを加え、塩、こしょう、レモン汁で味を調整する
  • 数分煮立たせる
  • ウナギをソースと混ぜる
  • 黒パン、あるいはフライドポテトと共にサーブする
Back to top