Flemish Asparagus ©The Flemish Primitives (2011)

伝統的なフランダースのアスパラガスが真っ白なのは、光合成を避けるために土にすっぽり埋まっているからです。

Aspergus - The Flemish Way

緑色のアスパラガスよりも甘くて柔らかいのが特徴です。収穫期は、4月後半から6月初旬。旬が短く人気が高いため、アスパラガスの季節は、一年を通しても食のカレンダーのハイライトで、「ホワイトゴールド」とも呼ばれています。若いアスパラガスのみを食べます。先端の部分が開いてくると、茎はまたたく間に固くなり匂いもきつくなります。世界各国で、前菜や野菜のサイドディッシュとして食されています。フランダースでは、茹でる、蒸すなどして、オランデーズソースに溶かしたバターをかけて食べています。

レシピ
食材

  • アスパラガス  2 kg
  • パセリのみじん切り 大さじ 2 杯
  • 溶かしバター
  • 塩、こしょう
  • 固ゆで卵  4 つ 

作り方

  • 固ゆで卵を剥く 
  • ピーラーでアスパラガスを剥く。この時、根の部分から先までしっかりとむき、根の固い部分を切り取る
  • アスパラガスを洗う 
  • 少量塩を入れた水で20〜30分、アスパラガスを茹でる
  • アスパラガスを水からあげて水気をきる 
  • アスパラガスを皿に並べる 
  • 半分にきった卵を並べる 
  • 温かい溶かしバターをかける 
  • パセリのみじん切りをふる
Back to top