Ghent Waterzooi ©©Kris Jacobs

ワーテルゾーイは、フランダースの伝統的なシチューです。この名称はオランダ語で、「ゾーイ」はボイルするという意味です。「ゲントのワーテルゾーイ」とも呼ばれています。

レシピ

Ghent Waterzooi

海や川の魚を使うのが伝統的な方法ですが、今日ではチキンのワーテルゾーイが一般的になっています。ゲントの川の汚染がすすみ、魚がいなくなってしまったことが、ワーテルゾーイのレシピにも変化をもたらしたという説が一般的に信じられています。魚かチキン、にんじん、西洋ネギ、ジャガイモ、ハーブやその他の野菜、卵、クリーム、バターをいれ、バゲットを浸しながら食べます。

 

食材

  •  チキン  1
  •  リーキ(西洋ねぎ)  3
  •  セルリアーク  ½
  •  にんじん  3
  •  タマネギ  1
  •  ジャガイモ  4
  •  チキンストック  2000cc
  •  クリーム  200cc
  •  レモン  1
  •  卵黄  2
  • 塩、こしょう

作り方

  • バターを溶かし、角切りにした野菜を4〜5分ソテーする
  • チキンを加える 
  • 塩、こしょう、スープストックを加える(チキンは完全に水に浸った状態にする。必要に応じて水を足す)
  • 45分煮る(煮たってもよい)
  • チキンを鍋から取り出し、細かく切り、皮と骨を取り除く
  • 卵黄とクリームを泡立て、静かにスープに注ぐ
  • レモン汁を加える 
  • チキンをスープに戻す
  • バゲットを添えて、熱いうちにサーブする
Back to top