Pain a la Grècque ©Pieter Heremans

この黄金のビスケットの起源は、200年以上にまで遡りますが、名前が示唆しているギリシャとは何の関連もありません。

Pain a la Grècque ©Pieter Heremans

その昔、ブリュッセルの旧市街のウォルヴェングラフトという通りの貧しい人々に、近くの修道院に住むオーガスティン派の修道士達がパンを配ったのが由来です。このパンは「グラフト(その土地の言葉でグレヒト)のパン」と呼ばれました。その後、このパンは多少洗練され、現在の名前で呼ばれるようになったのです。

Back to top