Mattentaart ©Stefan Jacobs

フランダースの町ゲラールズベルゲン(グラモン)に行ったら是非試したいのが、地元のパン屋さん手作りのマッテンタルトです。そのユニークなケーキは、ベルギー国外でも有名です。

レシピ

Mattentaart ©Stefan Jacobs

ッテンタルトは、2006年にEUヨーロッパ連合により地理的表示保護規定に認定され、ゲラールズベルゲン又は、近隣のリールデでしか、製造することが出来なくなりました。その詳しい由来は不明ですが、グラモンのマッテンタルトビジネスに携わっている人々によると、その歴史は中世まで遡るとのこと。マッテン、又はマトンという言葉は、古いドイツ語、フランス語、フランダース語などによく見られ、凝固した牛乳を意味します。マッテンの質は、ミルクの品質、はては牛の飼料にかかっています。地元のパン屋さんは、マッテンタルトを作る上で、この土地の土壌がとても重要だと言う事をよく理解しているのです。

食材

  • パフペーストリー  300 g  
  • 砂糖  50 g  
  • 全乳  1.5 リットル
  • 新鮮な濃いバターミルク 500cc
  • 卵  2 つ
  • 挽き割りアーモンド  45 g
  • ラム、またはアーモンドエキス ワイングラスに 1/8
  • ベーキングパウダー  1/4 ティースプーン
  • バター

作り方

  • 牛乳を沸かす 
  • バターミルクを加える 
  • すぐ凝乳し始める 
  • 牛乳が固まらない場合、お酢をスプーン 1 杯加える 
  • 沸騰しないように気をつけながら、少しの間かき混ぜる 
  • 鍋を火から下ろす 
  • 一晩 清潔な布で濾す。凝乳はなるべく乾燥させるようにする 
  • 翌日、焼く前に凝乳を泡たて器でまぜる
  • パフペーストリーを広げ、油を塗ったパイ型に入れる(15cm四方、高さ2cm)
  • 卵白を泡立てる 
  • 卵黄、砂糖、アーモンド、ラムを凝乳とよく混ぜる 
  • 角が立つほどに固く混ぜた卵白を入れる
  • パイ生地に、混ぜたものを詰める 
  • 薄くパイ生地で覆う
  • 上部中央に、小さな切り目をいれる 
  • 225°C で、30分焼く 
  • マッテンタルトを型から取りだして冷やす
Back to top