ビール愛好家たちにとって、ベルギーはビールの聖地です。何世紀にもわたる醸造の歴史は、今日も醸造家に影響やヒントを与え続けています。ビールはベルギー人のDNAに組み込まれ、その歴史的重要性は、ベルギーのビール文化UNESCOの無形文化遺産に登録されたことでもわかります。

伝統的な醸造技術

ベルギーの熟練した 醸造家たちは、昔から変わることのないベルギービールの特徴を受け継ぐために、何世代も同じ醸造法で造り続けています。ロッシュフォール、アヘル、シメイ、デュベル、オルヴァル、ウェストマールなどは、世界に知られるブランド。こうした銘柄がベルギービールの名を広めていったのです。

ベルギーのクラフトビール

一方で、新進の醸造家たちの情熱は、ベルギービールに対する見方を変えてしまうような新しいクラフトビールを生み出しています。クラウドファインディングで作られたビールであっても、マイクロブルワリーでも、一回きりの醸造でも、クラフトビールの醸造家たちがベルギービールに新たな魅力を与えていることに違いはありません。

画家が絵画を製作するようにビールを造るのです

ベルギー最初の女性醸造所長Rosa Merckx(ローザ・メルクス) @Liefmans(リーフマンス)醸造所
Back to top