Herman Van Dender's chocolate

<その昔、ベルギーチョコレートは勝者や富豪だけの贅沢品であり、恋の駆け引きに使われていましたが、今では誰もが楽しめるものとなりました。Godiva(ゴディバ)Leonidas(レオニダス)Côte d'Or(コートドール)Neuhaus(ノイハウス)など、ベルギーにはチョコレートのトップブランドが多く、世界最大級の原料チョコレートメーカーがあります。フランダース地方では、チョコレートは買うだけでなく、チョコレート・ミュージアム、プラリネ作りの体験ワークショップ、ビールとのペアリングなど、チョコレート好きにおすすめしたい様々なアクティビティが体験できます。

なぜベルギーチョコレートがこれほど崇められ、ベルギーはチョコレートの長い歴史を持つ数少ない国の一つとなったのでしょうか。

ベルギーチョコレートの特徴

  • 繊細な作り:ベルギーチョコレートは、原料カカオを15~18ミクロンと極めて細かく粉砕して造られます。
  • 高いカカオ含有量:ベルギーチョコレートは、他国と比べ高いカカオ含有量を誇ります。
  • カカオバターだけを使用:ベルギーでは、チョコレート作りに用いられる油脂はカカオバターのみ。
  • 厳選されたカカオ豆:ベルギーでは長いチョコレート作りの当初から、最高品質のカカオ豆が使われています。
  • ベルギーチョコレートの多様性:Callebaut(カレボー)やBelcolade(ベルコラーデ)のような大手原料チョコレートメーカーに始まり、Godiva(ゴディバ)やLeonidas(レオニダス)のように、知名度の高い中堅企業、そしてチョコレートやプラリネを作る数多くの職人たちが、ベルギーチョコレートの名声を広めています。
  • 創造性に富んだショコラティエたち:伝統的なプラリネから、異国情緒あふれる風味を組み込んだ大胆で洗練された趣向のものまで、これほどバラエティに富んだ、斬新で美味しいチョコレートを生み続けている国は、ベルギーしかありません。この国のショコラティエたちは、そのデザインにおいても、流行の担い手となっています。
  • チョコレートのマルチ体験単に買うだけでなく、チョコレートをテーマにたくさん楽しめます。チョコレート・ミュージアムに行ってみたり、情熱のこもったショコラティエの店で味見しながらショップめぐりをしてみたり、チョコレート作りの体験ワークショップに参加してみるのもいいでしょう。
  • 2007年から呼称が保護される:「ベルギーチョコレート」と呼べるのは、ベルギーで作られたものだけです。
  • 良質なチョコレートを世界中に輸出:原料用および一般消費者用として、ベルギー国内で製造されるチョコレートの60%が輸出されています。
  • 世界最大の原料チョコレート工場がある:カカオ豆から年間27万トンの原料チョコレートを製造するWieze(ウィゼ)にあるCallebaut(カレボー)は、世界最大のチョコレートの供給所です。ウィゼには、かつて世界最古のチョコレートアカデミーがあり、これが世界17カ所に広まったという歴史があります。近年、再建されて、世界最大のチョコレートアカデミーが誕生しました。
  • フランダース地方での年間消費量は一人あたり約6kg:フランダース人はチョコレートやプラリネが大好き。

チョコレート・ミュージアムを訪ねたり、ワークショップやテイスティングに参加したり、素敵なティールームで休憩したり、あるいは、チョコレートとベルギービールの素晴らしい相性を発見したりしませんか。フランダース地方やブリュッセルでなら、ユニークで美味しいチョコレート体験ができます。

Back to top