優れた食材が豊富なフランダース地方では、美味しい出来立ての料理を食べることが文化的アイデンティティーの一部となっています。芽キャベツ、白アスパラ、北海小エビに代表される地元食材が、食を楽しむ旅を演出してくれます。なかでも、料理に情熱を捧げる35歳以下のシェフ約50名からなるフランダースのキッチンの反逆者たちのレストランはお薦めです。

シェフの野菜畑から

フランダースの若くて才能あるシェフたちは、地元の食材を工夫して、いろいろと組み合わせ、提供することに力を注いでいます。グルメたちをフランダース地方に引きつけているのは、こうしたシェフの努力と食材の魅力です。シェフたちは地元産の食材にこだわり、自ら野菜畑を作り、食材を育てているシェフもいます。究極の新鮮です。

料理に関する知識と技術

そのほとんどが、フランダース地方で最高峰の料理学校で学んだ「フランダースのキッチンの反逆者たち」にとって、イノベーション、クリエイティビティこそが最高の食材。彼らは、それぞれの分野ですぐれた知識技術を持つ料理の芸術家です。

若い世代に美味しい料理に触れてもらうため、毎年3月と10月に18歳から30歳に、手頃な価格で記憶に残るグルメ体験を提供しているのも「フランダースのキッチンの反逆者たち」です。フランダースにはグルメの卵が育っています。あなたも挑戦しませんか?きっと彼らの料理に心ときめくでしょう。

誇りとおもてなしと居心地の良さが混ざり合った、上質な生活こそ、私たちの生き方だ

シェフDennis Broeckx(デニス・ブルックス) @レストランL’épicerie du Cirque(エピスリ・デュ・シルク)
Back to top