Vismarkt Brussels (c) Milo Profi

ストリートフードは比較的新しい呼び方ですが、立ち食いのできる屋台は、フランダースの食文化に長く根付いています。良質の食材、調理技術、おもてなしの心こそ、ストリートフード文化を支えていると言えるでしょう。

愛情を込めて作った料理を提供することは最高に美しい。僕にとっては、この仕事が最高だ

シェフWim Ballieu(ウィム・バリユー)@Balls & Glory(ボールズ&グローリー)

ソーセージ祭り

冷蔵庫がなかった時代、豚を一頭さばいたら、村人みんなで集まって、日持ちしない部位を使ってソーセージを作っていたのだそうです。

Sausage

ゲントのワーテルゾーイ

中世の頃、ゲントの河川にはたくさんの魚がいました。ゲントのワーテルゾーイは、もともと七種類の川魚を使った農民料理でした。18世紀以降、この典型的なフランダース地方の伝統料理は、鶏肉と野菜のクリーム仕立てとなりました。

Ghent Waterzooi ©Kris Jacobs

北海小エビのコロッケ

かつて、北海沿いに住む人々は毎食のように小エビを食べていました。馬に乗った漁師が、北海の浅瀬で馬に網を引かせて漁をし、陸に戻っては500gずつ袋に詰めていました。

Shrimp Croquettes

つぶ貝のピリピリスープ

ブリュッセルっ子は、寒い日には、つぶ貝のスープを売るワゴン車を探します。これは昔ながらの典型的なブリュッセルの光景。つぶ貝をハーブたっぷりのスープに入れて、道端で煮込んで売ります。それぞれの売り手に秘伝のレシピがあるのです。

Winkles
Back to top