比較的小さな地域であるにもかかわらず、フランダース地方には、独自のスタイルと看板料理で知られるシェフが大勢います。世界的な一流店が多く、最高の料理の技を楽しめます。シェフたちは、ここでしか味わえない地元の食材や素晴らしい野菜類、原材料から徹底的にこだわる職人などから影響を受け、インスピレーションを得ています。ベルギーチコリ白アスパラホップ・シュート(ホップの新芽)など、ベルギーの特産物を使った、独創的な季節料理を作り出します。「食」はフランダース地方を語るには不可欠で、フランダースの人々のアイデンティティーの一部と言えるのです。

地元シェフによる最高のおもてなし

フランダース地方の97軒のミシュラン星レストランのひとつ、Hertog Jan(ヘルトフ・ヤン=ヤン公爵)では、Gert De Mangeleer(ヘルト・デゥ・マンゲリール)がシェフ、Joachim Bouden(ヨアキム・バウデンス)がソムリエを務め、隣接する野菜園で栽培された新鮮な季節の食材を使った料理が楽しめます。もう一つの三ツ星レストランHof van Cleve(ホフ・ヴァン・クレーヴ)は、Peter Goossens(ピーター・ゴーセンス)がシェフを務め、ここでも、繊細なフレーバーの組み合わせと地元の食材が楽しめます。「食」をほとんど宗教のように扱っていることを知るには、アントワープのThe Jane(ザ・ジェーン)へ。Sergio Herman(セルジオ・ヘルマン)が手がける料理が、改装された教会の祭壇からサービスされるのを見れば納得できます。一方、ゲントのChambre Séparée(シャンブル・セパレ)では、Kobe Desramaults(コーベ・デスラモルツ)が、農家や生産者直送の旬の食材をふんだんに使った料理を食べさせてくれます。

どこで食べても美味しい

フランダース地方のグルメたちが、絶品料理に出逢えるのは、ミシュラン星レストランだけではありません。気軽なビストロや昔ながらの品のあるレストランでも、上等な食事とシェフの情熱が楽しめます。

他では味わえない特別な体験を演出 ― それがファイン・ダイニング

シェフGert De Mangeleer(ヘルト・デゥ・マンゲリール) @レストランHertog Jan(ヘルトフ・ヤン)
Back to top