フランダースは四国の75%ほどの大きさです。フランダース内の旅行は移動距離が少なく、加えて、鉄道網、道路網が発達していますので、街から町へ、町から村への周遊旅行に最適です。

出入国審査

Travel documents

有効なパスポートを所有した日本人の方は、直近6ヶ月の間に合算90日以内の滞在であれば、ビザは必要ありません。詳しくは、ベルギー大使館・領事部の関連ページ をご覧ください。他の国籍の方の場合、これとは異なることがありますので、ビザが必要かどうかについては、ベルギー大使館または最寄りの領事館でご確認ください。

通貨

Euro coins and bills

ベルギーの通貨はヨーロッパの18カ国と同じユーロ(€)で す。ほとんどの場所で主要なクレジットカード(VISA、アメリカン・エクスプレス、ダイナース・クラブ、ユーロカード)が利用できますし、ユーロの現金でもお支払いいただけます。銀行やATM(現金自動預け払い機)で現金を引き出すこともできます。為替レートは固定されていません。最新の為替レートを確認してください。

健康

Health logo

ベルギーの医療制度はヨーロッパでも最高水準の一つです。医療機関は 利用しやすく、良質の治療を受けることができ、また充実した病院でいつでも診てもらえます。 緊急の場合は、112番(欧州内共通の救急番号。日本の119に相当)に電話してください。 警察への緊急連絡は101番へ。 ベルギーの医療サービスの詳細は、ヘルスケア・ベルギーのウェブHealthcare Belgium(英語)をご覧ください。
※ベルギーでは日本の健康保険は使えません。ご旅行の際は海外旅行保険にご加入ください。

祝祭日

Official holidays

すべての銀行、多くの店舗やミュージアム、一部のバーやレストランが休業となります。

  • 1月1日(元旦)
  • イースター(復活祭)とイースター・マンデー(復活祭翌月曜日);日程は毎年異なります
  • 5月1日(メーデー)
  • キリスト昇天祭(復活祭後の6回目の木曜日)
  • 聖霊降臨祭の日曜日とその翌日の月曜日(復活祭後の7回目の日曜日と翌月曜日)
  • 7月21日(独立記念日)
  • 8月15日(聖母被昇天祭)
  • 11月1日(万聖節)
  • 11月11日(第一次大戦休戦記念日)
  • 12月25日と多くの場合12月26日(クリスマスとクリスマスの翌日)

営業時間

Shop

一般的には月曜日から土曜日の午前10:00から午後6:00までとなりますが、店舗により営業時間が異なる場合があります。ブリュッセルのギャルリー・サンチュベール(Galleries St Hubert)とグラン・プラス付近のお土産屋さんを除くと、ほとんどの店舗は日曜日は閉店しています。 アントワープ、ゲント、ブルージュのような大都市では、毎月、ショッピングデーに指定された日曜日があり、その日は店が開店しています。海岸リゾートにある町の店舗も夏季を中心に日曜日にオープンしています。

ベルギーへの電話のかけ方

Calling Belgium

ベルギーの国番号は32です。国際識別番号00のあとに国番号32を入力し、(最初の0を取った)市外局番と電話番号を入力します。

タイムゾーン(時差)

world map

ベルギーは中央ヨーロッパ時間帯(CET)にあります。
    - グリニッジ標準時マイナス1時間(GMT+1
    - 日本時間マイナス8時間(夏時間採用期間は、マイナス7時間)

電圧

Adaptor

ベルギーの電気の仕様は、日本のものと異なります。電圧は220V、プラグは2相のCタイプです。

体が不自由な方の旅行について

People with Disabilities symbols

フランダースでは、宿泊施設、交通機関、美術館や博物館、アトラクションなどが、誰にも訪れやすいように整備されています。障害がある方の旅行に関する詳しい情報は 、ここをクリックしてください。無料あるいは個別の有料サービス情報については 、accessible@visitflanders.com または 32 2 504 03 40へ英語にてご連絡ください。

Back to top