ストーリーを検索

Attention: the destination filter and theme filter are dependant. Choosing an option in one of the lists will update the values of the other list.

フランダース:バラエティに富んだ食べ歩き

フランダース:バラエティに富んだ食べ歩き

おいしくて気取らないストリートフード。フランダース地方では、最近ますます人気が高まり、今や、食文化の一部となりつつあります。有名なワッフル、フライドポテトをはじめとする、個性豊かなグルメの故郷フランダースでは、高級レストランでコース料理を頼まなくても、評判の味を楽しむことができます。これから紹介する…

読む
フランダース:文化遺産の宝庫

フランダース:文化遺産の宝庫

フランダース地方の文化遺産には、まるで深い海のような奥深さがあることをご存じでしょうか。どの町でも、ユネスコ認定の世界遺産はもちろん、それほど知られていない秘められた遺産の数々が訪れる人を待っています。アントワープ、ブルージュ、ブリュッセル、ゲント、ルーヴェン、メッヘレンといったフランダースのアート…

読む
春のフランダースで訪れたい10のスポット

春のフランダースで訪れたい10のスポット

冬が終わり、春の香りが風に乗ってやってきました。穏やかな春のフランダースには、花々が美しいスポットが楽しめるのはもちろん、美味しいお食事やベルギービールを気持ちの良いテラスで味わったり、シーズン初めの自転車ロードレースを観戦したり、サイクリングを始めたり…たくさんの楽しみにあふれています。春のフラン…

読む
静寂のオアシス:歴史に残るフランダース地方のベギン会院を訪ねる

静寂のオアシス:歴史に残るフランダース地方のベギン会院を訪ねる

そこは、かつて、フェミニストの先駆けとも言える女性たちが住むところでした。フランダース地方のベギン会院は、今日もなお、平和と黙想の空間となっています。そのうち13か所がユネスコの世界文化遺産に登録されています。これらの他に類のない集合建造物は 、静かなくつろぎの散歩道として、ミュージアムとして、ある…

読む
アントワープをたった2日で?無駄なく、たくさん巡るには…

アントワープをたった2日で?無駄なく、たくさん巡るには…

アントワープでは時間はいくらあっても足りません。見たいものが多すぎて…ルーベンスの家に飾られた宝物の数々、先進的な建築、世界的に知られるファッション、欧州最大級の港… どこから始めましょうか。2日で無駄なく、たくさん巡るには?

読む
アントワープを訪れたい7つの理由

アントワープを訪れたい7つの理由

地元っ子が't stad(トゥ・スタッド=ザ・シティ)と呼ぶアントワープは、彼らに言わせれば、ベルギーで一番面白い都市。むしろ、肩をすくめながら、「国の中心はアントワープ。残りは周辺の駐車場みたいなもの」と。ちょっと大げさと思われるかもしれません。でも、彼らは「クール」なアントワープが自慢で、そして…

読む
Back to top