皆様、

COVID-19の状況を考慮して、現在、ベルギー全土で特定の安全対策が実施されています。 詳細については、こちらのウェブサイトをご参照ください。 ベルギーへの最新旅行アドバイスについては、自国政府からの旅行に関するガイドライン/要件を確認することをお勧めします。

フランダース、ブリュッセル、またはベルギーの他の場所に48時間以上滞在する場合は、ベルギーに到着する前の48時間以内に旅客ロケーターフォームに記入する必要があります。

くれぐれもお互いに健康を最優先してお過ごしになられますように。

心を込めて皆さまを歓迎できる日が近いことを願っております。
VISITFLANDERSより

Vismarkt Brussels (c) Milo Profi

ストリートフードは比較的新しい呼び方ですが、立ち食いのできる屋台は、フランダースの食文化に長く根付いています。良質の食材、調理技術、おもてなしの心こそ、ストリートフード文化を支えていると言えるでしょう。

愛情を込めて作った料理を提供することは最高に美しい。僕にとっては、この仕事が最高だ

シェフWim Ballieu(ウィム・バリユー)@Balls & Glory(ボールズ&グローリー)

ソーセージ祭り

冷蔵庫がなかった時代、豚を一頭さばいたら、村人みんなで集まって、日持ちしない部位を使ってソーセージを作っていたのだそうです。

Sausage

ゲントのワーテルゾーイ

中世の頃、ゲントの河川にはたくさんの魚がいました。ゲントのワーテルゾーイは、もともと七種類の川魚を使った農民料理でした。18世紀以降、この典型的なフランダース地方の伝統料理は、鶏肉と野菜のクリーム仕立てとなりました。

Ghent Waterzooi ©Kris Jacobs

北海小エビのコロッケ

かつて、北海沿いに住む人々は毎食のように小エビを食べていました。馬に乗った漁師が、北海の浅瀬で馬に網を引かせて漁をし、陸に戻っては500gずつ袋に詰めていました。

Shrimp Croquettes

つぶ貝のピリピリスープ

ブリュッセルっ子は、寒い日には、つぶ貝のスープを売るワゴン車を探します。これは昔ながらの典型的なブリュッセルの光景。つぶ貝をハーブたっぷりのスープに入れて、道端で煮込んで売ります。それぞれの売り手に秘伝のレシピがあるのです。

Winkles
ページ先頭へ戻る